予想外に突発的に遭遇するのが自動車の事故です。筋トレのし過ぎは逆効果

ここで何をどうやって対処する結果で保険金の支払金も相当変わる状況も予測できますので正確な決断力と対応が必要です。ボニック

思いつきもしない場面にあって冷静さを失ってしまえば必要な工程を見落してしまい、後々自らが大きな損をしてしまう時もありえるので交通事故に遭遇してしまったケースは正確に以下に記述した処理を行いましょう。ウィリアムヒル

事故をした場面で一番にすべきなのは負傷した人の有無を確認する必要があります。イサゴール50億

事故直後はパニックになって虚脱状態になってしまう場合があり容易に動けないのが一般的です。ロコモアお試し

その状況では、負傷した方がいたら危険が少ないところへ移してできる限りの処置を行い、周囲に助けを求めるなど人命最優先に努める必要があります。

救急車に連絡する場面では的確な位置を告げて不確かな場面では目を引くスーパーや番地名を知らせて事故の現場の位置を特定できるようにします。

その後で110番に電話して自動車の事故があった旨そして現状を伝えます。

救急車と警察が来るのを待つ間に負傷者の内容を聞きます。

氏名、住所、TEL番免許証番号、ナンバープレート、相手側の自動車保険会社名等互いの情報を交換します。

その時相手側に非があるような場合には、その場で結論を出そうとすることがありますがその場所でやり取りするのではなくどういう状態でも110番や保険会社に報告して平等にジャッジしてもらいます。

関係者の内容を教えたら他者の妨げになることをやめるために邪魔な物を路上から取り除きます。

もし障害物が自動車の妨げとなっている時は、お互いの情報を交換するより早くそれをしても問題はないです。

ここで自身が加盟している保険会社に電話をし、自動車での事故が起きた事を連絡します。

車の事故から一定の期間の間に保険屋さんに電話しておかないと自動車保険の適用外に事態も想定されますので気がついたらすぐに電話をすることが大事です。

また事故現場の手がかりとしてコンパクトカメラやタブレットなどを用いて現場やマイカーの破損の状態が分かる写真をを残しておきます。

この証拠写真は過失のパーセンテージ決定するかなり大きな役割とできますので、自身のクルマや相手方の自動車の破損状態を全て証拠として残しておくことが大切です。

この場面で目撃者がいたら警察や保険会社の人が来るまで一緒にそのまま待機してもらえるように話しておくことも忘れないようにしてください。

Copyright © 2002 www.mainesheepbreeders.net All Rights Reserved.